カテゴリー

「ペット大国」の日本で今この瞬間にも消えようとしている、小さな命たちのおはなし

日本は、とても豊かな国と言われています。治安、行政、経済など、国際的に高水準を保っており、人間にとっては生活しやすい国です。

「ペット大国」日本の表と裏

wanko_hogo1

ただし、「ペット」として扱われる犬猫たちにとってはそうでないのが現状です。日本では、保健所にて殺処分される犬・猫が全国で年間20万頭います。単純に1日に換算すると、1日で殺処分される犬・猫は700頭を越えることになります。

それでも、日本はペット大国だと言われています。今や、中学生以下の子供がいる家庭より犬か猫を飼育している家庭の方が多いと言われているほどです。但しその反面で、殺処分を受けているペットがこれほどの数存在するという事実。

ペットとなった犬猫たちは何も悪くありません。人間の欲と勝手な都合により、小さな尊い命を落とすのです。こういった背景には、無責任な飼い主と悪質なブリーダーが存在します。無責任な飼い主は、単純に「いらなくなったから」など、有り得ないほど勝手な理由で保健所にペットを持ち込みんだり、捨てたりします。また、悪質なブリーダーに至っては、無理な繁殖によって増えすぎた子たちを保健所に持ち込むブリーダーもいます。「病気になった」「大きくなりすぎた」、さらには倒産した繁殖業者が処分の為に保健所にペットを持ち込むこともあります。こんなこと、「命」の取り扱いではありません。

保健所に連れられたワンちゃん、ネコちゃんの現実

wanko_hogo2

ちなみに、保健所で行っている「殺処分」は決して「安楽死」ではありません。保健所に連れてこられてから命のカウントダウンが始まり、日に日に「処分室」に向かってベルトコンベアで移動させられます。そして、ガス室で窒息死させられてそのまま焼却場へ捨てられます。中にはガス室で死ねなかった子も存在しますが、その場合もそのまま焼却所に捨てられ、生きたまま焼かれます。

その時、死を目の前にした彼らは何を思い出すのでしょうか。

大好きな飼い主さんの顔ではないでしょうか。

殺処分を実際に行っているのは保健所です。そのため、保健所を目の敵にして罵声を浴びせる人がいます。ただし、保健所はただ国に決められた事に従って、やりたくもない「殺処分」をしているのです。本当に悪いのは、一部の無責任な飼い主や悪質なブリーダーだということを知ってください。

そして問題なのが、国としてそのような飼い主を罰する法律、またはそういったことを起こさない為の法律が機能していない事です。一応、動物愛護法第6章の罰則で「愛護動物を遺棄した者は、百万円以下の罰金に処する。」と規定されてはいます。2014年11月に起こった、栃木県のブリーダーによる70頭の遺棄事件をはじめ、取り締まられてニュースで取り上げられた例もありますが、現実として、実際に飼い主が判明するケースは極めて少ないのが現状です。こういった行為を裁くといった法律は難しいのかも知れませんが・・・。

最期まで飼い主さんを信じてます

image_wanko2

少し話がずれましたが、ペットを捨てる飼い主は、捨てる前にその子の目を見て何を思うのでしょうか。そもそも見ないんでしょうか。それとも「仕方ないんだ、わかってくれる」とか思うんでしょうか。犬猫たちが言葉を話せないからと言って、実に愚かで自分勝手な決めつけです。犬猫たちに、人間の勝手な都合なんてわかりません。

今もし、大切なパートナーを手放すというような選択肢をお考えの方は、今一度その小さな命の行く先を考えてください。また、今まさにペットという家族と暮らしている方も、「最期まで一緒にいるからね」とパートナーに約束してあげてください。

あなたの気持ちはきっと通じています。どんな飼い主でも、その子には「大好きな飼い主さん」なのですから。