カテゴリー

愛犬の無駄吠えを治したい!犬が吠える原因と吠えなくなるしつけ方法とは?

  • チャイムが鳴るとワンワンワン!
  • 散歩中にすれ違った人や犬にワンワンワン!
  • 興奮するとワンワンワン!
  • 何もしなくてもワンワンワン!

wanko_hoeru

犬の無駄吠えは、愛犬家にとって頭を悩ませる原因のひとつです。近所への影響はもちろん、遊びに連れて行くときにも無駄吠えが多いことによってできることが限られる場合もあります。ドッグカフェやドッグランなど、あまりに吠えが酷い子は注意、最悪退出させられる場合も。

そんな無駄吠えについて、原因と対策を考えてみましょう!

犬に「無駄吠え」は存在しない!?

まず、思いっきりタイトルでも使いましたが、「無駄吠え」と言う言葉は人間の都合だけのもので、無駄だと感じているのは人間であり、ワンちゃんにとっての「吠え」には意味があることがほとんどです。何か吠える意味があって吠えているのであって、決して無駄ではないんです。

但し、だからと言って放っておくことも良くありません。ペットとして飼われた以上、そのワンちゃんは人間社会の中で生きていけるようにルールを覚える必要があります。

まずは吠える原因を考えて「吠えなくていい」「吠えない方がいい」ということを教えてあげることによって、「吠え」のしつけへとつながっていきます。

まずは吠える原因を見つけ、その環境を作ってみる

チャイムが鳴った時、飼い主さんが帰宅して嬉しい時、ケンカしている時・・・吠える原因となるものがあるはずです。まずはそれを見つけましょう。

そして、近所迷惑にならない時間を見計らって、出来る限りその状況を作ってみましょう。

吠える状況で「吠える必要はない」という事を教えてあげる

例えば、飼い主さんと遊んでいる時に誰かにチャイムを鳴らしてもらったとします。いつもチャイムで吠える子は、きっとそこでも吠えるでしょう。

ここで吠えたら怒らず、褒めもせず、目も合わせず、愛犬を払いのけてそっと飼い主さんは姿を消してください。

再度鳴らして吠えたらまだ無視。

何回かすると、慣れからか吠えなくなると思います。吠えなかったら出てきていっぱい褒めてあげておやつをあげましょう。

吠えても不安はなくならない、でも吠えなかったら嬉しかった!ということを覚えさせる感じですね!

何かの原因で吠える子は、これを日常でできるだけ小まめにトレーニングしていくことで、無駄吠えを抑えることができるはずです。

場合によっては「吠えると悪いことがある」という負のしつけも必要

トレーニングをしていても一向によくならない、慣れずに吠えっぱなし・・・。

そんな時は少し荒療治を検討してもいいです。と言っても体罰は絶対にいけません。

簡単な方法として、まずなんでもいいので空き缶を準備しましょう。

そして、ワンちゃんが吠えたらその瞬間に空き缶を投げてください。(ワンちゃんに当てたらあきまへん!)

びっくりして吠えるのをやめたらほめてあげましょう。

吠えたらびっくりしたけど、吠えなかったら嬉しいことがあった!って感じですね♪

投げた空き缶を取りに行くのが面倒な時はヒモとかを付けてもいいかもですね。ただ、ワンちゃんが慣れてしまってオモチャとして認識されたら台無しなので、気を付けましょう・・・w

吠え癖がついてしまった場合は時間がかかることも覚悟。

ここまでは、原因があって吠える子のしつけ方をご紹介してきました。

但し・・・仔犬の頃から甘やかしてワガママになってしまい、もう原因とかそういうのじゃなくて何かあったら吠える、もうとりあえず吠える、といったいわゆる「吠え癖」がついてしまったワンちゃんの場合、しつけ直しにはある程度根気が必要だという事を覚悟してください。

子犬であればいいものの成犬になったワンちゃんの吠え癖を素人がしつけ直すのは、かなり困難です。トイレトレーニングより難しい気がします。

どうしても自分たちの力で難しければ、しつけ用のアイテムを使用することも選択肢に入ってきます。と言ってもかわいい愛犬の身体に毒になるようなことは避けたいところ。

しつけアイテムで有名な【ワンブル】は、犬の抵抗力をもとに安全性を考えつつ開発がされ、音、振動、電気の3つの機能でピンポイントで ワンちゃんの嫌悪感覚を刺激することができるしつけの最終兵器です。

吠え癖だけではなく、マテのしつけやトイレトレーニングなどにも利用できるため、どうにもならない場合はこういったものを活用するという選択肢だってあります。

人間でも、出来上がった癖や性格を変えることは非常に困難です。だめなことだと自覚していてもなかなか治せるものではないですよね。吠え癖がついたワンちゃんは吠える事をだめなことだと認識していません。多少ワガママですが、犬の習性どおりに感情表現をしているんです。

少し厳しめのことを言いましたが、犬を飼うということを甘く見ていたツケだと思って耐えましょう。これも人間とワンちゃんが家族として共存するためです。

「吠える」ことをやめさせるにはしつけが必要不可欠!

最後に、しつこいですが犬は吠える生き物です。

ただ、人間社会において「吠える」ことはよくないことなのでペットとしてのしつけが必要になります。吠えない子は、もちろん性格にもよりますが子犬の頃からそれなりのしつけがされているはずです。

残念ながら吠え癖を付けてしまったのは、子犬の頃から正しくしつけをしてこなかった飼い主さんの責任です。ワンちゃんはただ吠えて感情を表しているだけ。吠えて困らせようなんて怒っていません。

間違っても吠えるから体罰とか、吠えるから捨てるなどという行為は絶対にやめてくださいね!

≪関連記事≫

「ペット大国」の日本で今この瞬間にも消えようとしている、小さな命たちのおはなし

愛犬がカリカリを食べない時の対処法。全くカリカリを食べなかったトイプードルが完食したフードとは?

エコ&経済的に犬のトイレトレーニングができる「洗えるペットシーツ」を実際に使ってみた感想