カテゴリー

映画「デスノート2016」に戸田恵梨香が出演決定!10年後の弥海砂、死神の目による寿命は・・・?

≪関連記事≫2016/3/28更新!

映画「デスノート 2016」の主演は東出昌大!デスノートを巡っての頭脳戦、そしてキーワードの「6冊ルール」とは?

映画「デスノート2016」夜神総一郎が亡くなった後の対策本部?映画版では死んでないはずの「夜神総一郎」がなぜ死んだことになっているのか?

uƒUEƒxƒXƒgEƒIƒuEƒrƒ…[ƒeƒB[‚Q‚O‚P‚Pv‚É‘I‚΂ꂽA——D‚̌˓cŒb—œ‚³‚ñi‚Q‚O‚P‚P”N‚XŒŽ‚P“úA“Œ‹žE‹âÀj

女優の戸田恵梨香が、月とLの死から10年後を描く『デスノート 2016』(10月29日公開)に弥海砂(あまねみさ)役で出演することが8日、わかった。

『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』(2006年)『L change the WorLd』(2008年)に続いてのミサミサこと海砂役での出演に戸田は「嘘でしょ!と思いました。10年前の作品で月とLも亡くなっているし……。今回の参加は恐怖の方が強かったです。いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか?というところでとても悩みました」とコメントしている。

戸田は『DEATH NOTE』でスクリーンデビュー。トップアイドルでありながら、死神に魅入られてデスノート保持者となり、愛する夜神月(藤原竜也)のために死神の目を持つ“第二のキラ”となるヒロイン・弥海砂を好演し、原作ファンから高い支持を得ていた。

前作の10年後の世界が舞台になる今作では、前作でデスノート所有権を放棄したことでデスノートに関する記憶を失っている海砂は、女優として活動している。しかし、6冊のデスノートが地上に持ち込まれ、キラ復活を望む者とそれを阻止する者たちによる頭脳戦が繰り広げられるなかで、10年前にデスノートを使用しながら唯一生き残った海砂は、月とLの戦いを知る“記憶”と新キャラクターとの絡みが、物語の重要なカギになっていくようだ。

映画デビュー作となった前作について戸田は「スクリーンデビューさせていただいた作品なので、思い入れは強くて。10年前のときはまだまだ新人で、役者を 始めて1年も経っていないのにとても大きな作品に参加させていただいたので、芝居もままならない状態でした」と振り返る。そして、その10年後の海砂を再 び演じる今作に「だから前作を観ると恥ずかしくて仕方がないんですけど、今回はその当時に戻れるのか、戻っていいのか?戻るべきなのか、進むべきなのか? いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか?というところでとても悩みました。10年経ったいま、『デスノート』を通してまた改めて伝えられる メッセージがあるのかもしれないなと思います」と苦悩を明かしている。

そんな戸田の起用について、佐藤貴博プロデューサーは「戸田恵梨香さんの演じる弥海砂の復活は、必ず実現させたいと思っていたことです。戸田さんも大きなプレッシャーを感じていたそうですが、それを乗り越えて美しく魅力的な“10年後の弥海砂”を作り上げるために、衣装やメイク、脚本にもたくさんのアイ デアを提供してくれました」。佐藤信介監督は「デスノート事件で生き残った伝説の人物。海砂はいま何を想い、新たな事件にどう関わるのか。戸田恵梨香さん の登場は、物語のひとつの柱となり、そしてこの続編にデスノートの息吹をふき込みました」とコメントしている。

今作は、原作に存在しながらも使われていなかった“6冊ルール”(人間界で同時に存在していいノートは6冊まで)のもと、キラ復活を望む者、それを阻止 する者たちによる、6冊のデスノートをめぐる頭脳戦が描かれる。メインキャストには、主人公のデスノート対策本部特別チーム捜査官・三島創を東出昌大、L の遺伝子を継ぐ世界的探偵・竜崎を池松壮亮、キラを崇拝する狂気の天才サイバーテロリスト・紫苑優輝を菅田将暉。デスノート所有者のひとりであり、思想を 持たず無差別殺人を行う“普通の女の子”青井さくらを川栄李奈が演じる。

≪関連記事≫2016/3/28更新!

映画「デスノート 2016」の主演は東出昌大!デスノートを巡っての頭脳戦、そしてキーワードの「6冊ルール」とは?

映画「デスノート2016」夜神総一郎が亡くなった後の対策本部?映画版では死んでないはずの「夜神総一郎」がなぜ死んだことになっているのか?

戸田恵梨香さんが「弥海砂」役で出演決定!

※若干、原作「DEATH NOTE」シリーズのネタバレ含みます。まだ視聴していない方はご注意ください!

U-NEXTなら、最大31日間無料!前作「DEATH NOTE」シリーズ見放題!

ついに登場が決定した弥海砂。原作と同じく戸田恵梨香さんが演じます。原作では、演技は粗削りながらも評判は良かったため、楽しみな方も多いのではないでしょうか。

deathnote5

10年という時間を経て、当時アイドルだったミサミサは女優、弥海砂となっているようです。

「キラ」としての月と過ごした記憶を持つ彼女。今作でもかなり重要な立ち位置にとなるのではないでしょうか。

現時点ではデスノートに関する全ての記憶を失っている彼女。そんな彼女も、デスノートに一度触れると記憶が蘇るはず

今回、人間界に降りた新たなデスノートでもそれは同じではないかと思います。

でも、海砂は死神の目の取引を2回行っていたはず・・・

但し、ここで気になるのが弥海砂の寿命27歳と発表されたのですが・・・ここで気になる点が。

前作で、海砂は死神の目の取引を2回行っていたはずです。(1回目はレムから、2回目は森で月のデスノートを掘り起こした際にリュークから。)

死神の目の取引条件は「残りの余命の半分」。

2回取引をしてるので半分の半分、ということは本来の余命の4分の1。

一度ジェラスに助けられてますが、死神の目の取引を行った17歳の時点で海砂の余命がどれくらいだったか。

平均的に80歳くらいまで生きるとなると4分の1で余命20年なのであまり関係なくなってきますが、仮に寿命が57歳、ジェラスに助けられた時点の余命があと40年だったとすると、4分の1で余命10年。ちょうど寿命が27歳となり、デスノート2016の時期に被ってきます。

そのため、ちょっと無理やりですが作中に海砂の寿命が尽きる、ということも考えられます。

死神の目の取引によって減った寿命によって死を迎えるパターンは、原作でも映画でもドラマでも描かれていませんので、ありえるならそこも面白い要素になりそうです。

他の原作での登場人物は・・・?

deathnote3

主要な人物となると・・・

夜神月(藤原達也)・L(松山ケンイチ)

デスノートの効果により死亡。ちなみにどちらもノートを使用しているため、リューク曰く「デスノートを使った人間は天国にも地獄にも行けない、死んだ後にあるのは「無」だ」の状態・・・と思われます。

公式動画で「夜神月、復活」という文字が流れますが、実際に月が復活と言うよりは、「キラの意思」のようなものとして関わってくるのではないかと。

夜神総一郎(鹿賀丈史)・キラ対策本部メンバー

映画版では生存。海砂はデスノートを手放したことによってデスノートに関する記憶が消えていますが、総一郎はデスノートを所有、使用していないにも関わらず、月(初代キラ)、L、死神、デスノートといった全ての記憶を素で持っていると思われる、ある意味デスノートについて一番深い記憶を持つ人物。

また、茂木や松田をはじめとしたキラ対策本部メンバーも同じくと思われます。

リューク(声優:中村獅童)

今作のデスノートを所有する死神の中に彼は入っているのでしょうか・・・。

ニア・メロ

前作では「L change the WorLd」にて、Lが助けた子供に「ニア」と名付けていますが、これによってニアとメロについては原作の設定から完全にかけ離れるため、今作での登場も無いのではないかと思われます。

U-NEXTなら、最大31日間無料!前作「DEATH NOTE」シリーズ見放題!

≪関連記事≫2016/3/28更新!

映画「デスノート 2016」の主演は東出昌大!デスノートを巡っての頭脳戦、そしてキーワードの「6冊ルール」とは?

映画「デスノート2016」夜神総一郎が亡くなった後の対策本部?映画版では死んでないはずの「夜神総一郎」がなぜ死んだことになっているのか?