カテゴリー

お金がニートになってない?お金を働かせる資産運用の最新情報(低リスク編)

image_money1

日々の生活で節約して貯めたお金や、会社のボーナス、はたまたギャンブルで勝った、など・・・

みなさんはその「お金」をどのように貯めていますか?

「貯める金なんかない!全部使うぜ!」という男前な方はいいとして・・・将来が不透明なこのご時世、「貯金する」という人も多いと思います。

ただ、果たしてそれが正しい選択なのでしょうか。

≪関連記事≫

お金がニートになってない?お金を働かせる資産運用の最新情報(リスクオン編)

「お金のある人は貯金している」は昔話

昨今、都市銀行へ預金しても金利は0.02%程度。貯金しておけばお金が増える時代は遥か過去の話です。

それなのに、なぜわざわざ銀行に貯金をするのでしょうか。それは「大金は銀行に貯金する」ことが常識になっているからです。この「常識」はもはやこの先も覆ることは無いと思います。そして、かつてのバブル期のように「500万円預けていれば生きていける」という時代が来ることもないと思います。

銀行の金利は上がらなくとも、今はインターネットにより自宅に居ながら様々な情報を知ることが出来るようになり、「資産運用」というのはもはや一部のセレブな資産家だけが行うようなものではなくなりました。

言うなれば、数億円でも数万円でも、「資産」は「資産」です。運用するスケールが違うだけで、誰もが「資産家」のように自分のお金を働かせることができる時代が来ています。ただ・・・

  • 資産運用とか難しそう・・・
  • どうせ裏があるんじゃないの?
  • リスクは負いたくない、確実に運用したい。

このような理由で、結局「貯金」に落ち着く方もいらっしゃると思います。

ただ、ちょっと調べるだけで、あなたのお金が勝手に増えてくれるチャンスが見つかるかも知れません。

ここでは、そんなお金の働かせ方をできるだけ簡単に紹介していきたいと思います。

リスクをできるだけ少なくしたいなら

元金割れが起こることもなく一番リスクが少なくてとっつきやすいもの、それが「銀行への預金」です。

「さっきそれするなって言ったのに!?」と怒られそうですが、ここでの「銀行への預金」は都市銀行への預金ではありません。もっと金利の高い銀行への預金です。

そもそも、「銀行への預金」というのは「銀行にお金を貸している」ということでもあります。その利息として、一定の割合の金額を受け取っているというわけです。どうせ貸すなら、利息の高いところに貸したいですよね。

「どうせどこも同じじゃないの?」と思われるかも知れませんが、銀行によって、極端に言えば金利が5倍も10倍も違ってくることだってあるのです。例えば都市銀行の金利0.02%の都市銀行から、金利0.20%の他銀行に預けた場合、預金先を変えるだけで100円だった利子は1000円に、1000円だった利子は10000円に変わります。もちろん、銀行に預金するだけなのでリスクはありません。

では、そんな都合のいい銀行というのはどこか。

ズバリ、「ネット銀行」です

ネット銀行とは、店舗を持たずにネット上のみで取引を行う銀行のことをいいます。店舗を持たないため、通常の銀行に比べて店舗の維持費や人件費がかからないので金利を高くすることができます。

ネット銀行の中でも特に人気でおすすめなのが、おなじみ「楽天」の「楽天銀行」

楽天スーパーポイントが貯まる銀行!楽天銀行!

ネットバンキングとしてのメリットを兼ね備えながら、今やここだけでもなんでも揃ってしまう「楽天市場」で利用できる「楽天スーパーポイント」による還元キャンペーンなども盛りだくさんです。

また、少し話がずれますがアフィリエイトやポイントサイトでも、「楽天銀行なら振込手数料が無料!」というところも多く、長い目で見ても一番使いやすいネットバンキングなのではないかと思います。

することといえば口座を作るだけなので余計にお金がかかることもなく、リスクもありません。

また、一部の地方銀行についても、ネット銀行並みの金利を設定している場合があります。中には、期間限定であったり、一定の条件を満たすことで、更に高い金利を受け取ることが出来る場合もあります。

また、ネット銀行や地方銀行にも「定期預金」が存在します。うまく利用して、少しでも多く資産を増やすことを考えましょう。

「貯蓄型保険」の利回りも見逃せない

「保険」には、病気やケガのときに保障されるものばかりではなく、貯蓄の機能を兼ね備えているものもあります。

しかも、定期預金よりも利回りが高いものもあり、お金を増やす上で選択肢のうちのひとつとして考えてみてもよいでしょう。

例えば「低解約返戻金型終身保険」は終身保険ではありますが、通常の終身保険とは違って、保険料を支払っている間の解約返戻金の割合を通常の7割程度としている代わりに、保険料の払い込みが終了すると、解約返戻金が一気に増える仕組みの保険です。

この性質に注目して、低解約返戻金型終身保険を資産形成に利用している人も少なくありません。

この場合、保険料の払い込みが退職時に終わるようにしておけば、退職後、老後資金が必要になったときに中途解約をして解約返戻金を受け取ることができるでしょう。

若い人であれば、教育資金作りやマイホーム資金作りなどにも活用することもできます。

但し、これには元金割れが発生するケースがあります。基本的に、保険料払い込み期間をすぎてしまえば増える一方なのですが、払い込み期間の前に解約をしてしまうと、支払った保険料を下回る解約返戻金しか戻ってきません。

確実に保険料払い込み期間まで預けておくことができるお金を活用することができるのであれば、有効な選択肢となるでしょう。

やはり、ローリスクだとリターンも少ない

今回は元金割れがない、もしくは少ない運用方法をご案内しましたが、やはりリスクが少ない運用については、リターンもそれなりのものになります。多少のリスクがあっても、大きく運用を行いたい場合は次の記事も参考にしてみてくださいね♪

≪関連記事≫

お金がニートになってない?お金を働かせる資産運用の最新情報(リスクオン編)