カテゴリー

【MHX/モンハンクロス攻略】モンハン初心者のための狩人入門「ルーキー卒業?知っておくと便利な狩猟テクニック」

2016/3/18更新 ガンナーの起爆テクニックを追記。

mhx_logo

≪モンスターハンターの攻略記事やブログはこちら!≫

モンスターハンタークロス モンハン初心者のための狩人入門」

【MHX/モンハンクロス】ソロっとひと狩りBLOG

ちょっと操作に慣れてきたけど、もっとうまくなりたい!」というルーキーハンター卒業間近なハンターさんに、実践できたらちょっとかっこいいテクニックや知っておくと便利な小ネタを紹介します。

閃光玉のテクニック

モンスターの目を晦ませ、強制的に行動を制限する便利なアイテム「閃光玉」。

モンスターによっては必須アイテムだったりしますが、どれだけ投げても当たらない!という方も多いのではないでしょうか。「閃光玉」はただ投げればいいという物ではなく、「閃光玉が発動した場所から一定範囲」が敵の視界に入っている必要があります。

失敗するのはだいたい以下パターンです。

パターン1

閃光玉を投げた後にモンスターが向きを変えた場合

mhx_senkou1

パターン2

閃光玉がモンスターを超えてしまった場合

mhx_senkou2

もちろん、モンスターの動きが読みにくい場合など、閃光玉を投げるタイミングは状況によって異なります。ここではその一部をご紹介します。

モンスターが味方を狙って攻撃しようとしている時

この場合は、狙われている味方めがけて閃光玉を投げましょう。

味方が補足されている場合はその方向を向き続けていることが多いので、視界に入る可能性が高いです。

モンスターが自分を狙って移動してきた時

前に投げてしまうとパターン2の状態になり失敗する可能性が高いので、このような時は少しひきつけてから自分の背後に向かって投げましょう。

怒り等による咆哮時、睡眠解除時

これはもうそのままです。ある程度視界も定まっていると思われますので、視界に入るように投げましょう。

第一発見時

味方が揃っていてすぐに全力で攻撃ができる事が前提ですが、発見時に咆哮を行うモンスターの場合、咆哮前に閃光玉が成功すると、咆哮をキャンセルできる場合もあります。

その他、有効な場面や注意

閃光玉は、特に怒り時や飛行時など、攻撃チャンスが少ない場合は積極的に狙っていきたいテクニックです。

あとマイナーな注意点として、連続して投げ続けるのは避けましょう。

と言うのも、閃光玉の着弾効果はプレイヤーの画面にも影響します。ピヨりはしないものの、大事な場面で味方の閃光玉で視界が真っ白になり、視界が戻ったと思ったら手遅れだった・・・という悲しい場面もあります。

成功すればいいですが、ありったけの閃光玉5個をとりあえず闇雲に全部投げて、全部失敗・・・とかだと、誰も得しない残念な結果となってしまうので気をつけましょう。

尻尾斬りのタイミングについて

今作でも尻尾を切断できるモンスターは多く存在します。

尻尾を切断すればモンスターの攻撃範囲も狭くなり剥ぎ取りも出来て狩りが楽になり、言うまでもなく、切断できないより切断する方がいいのはもちろんですが、「シビレ罠」などで麻痺をしている状態で尻尾を切断すると、麻痺状態が強制的に解除されます。

麻痺中は尻尾を狙うチャンスでもあるのでついつい攻撃してしまいがちですが、麻痺直後に尻尾を切断してしまうと麻痺強制解除&ちゃっかり耐性も付いてしまうので、尻尾を狙うタイミングには気を付けましょう。

楽なタイミングとしては、ダウン時、疲労時がおすすめですが、隙が少なく麻痺中くらいしか尻尾が狙いにくいモンスターについてはこの限りではありませんので、ケースバイケースで判断するといいでしょう。

飛行するモンスターの弱点

飛行中のモンスター(一部除く)を怯ませて空中から落下させるとダウンが確定します。

飛行しているモンスターに攻撃を当てるのは難しいですが、ガンナーであれば絶好の的ですし、剣士でもガンスの垂直砲撃や操虫棍のジャンプなどであれば比較的狙いやすいので、叩き落としやすい場面では積極的に狙っていきましょう。

拘束された場合

モンスターの特定の攻撃を受けると、拘束されて脱出するまで体力が減り続けます。

ソロ時であればレバガチャや「こやし玉」でできるだけ早く脱出するべきですが、拘束中のモンスターは基本的に無防備なので、マルチプレイの場合は絶好のチャンスにもなり得ます。

動きが早く攻撃を当てにくい敵や、特定の部位を破壊することで戦闘が楽になるようなモンスターが相手の場合、わざと自分の拘束を放置して攻撃チャンスを作ることも手です。

また、味方が拘束された場合、「生命の粉塵」によって外部から回復が可能です。あらかじめ、自力脱出せず生命の粉塵で回復してもらうように話し合っておくのもいいかもしれません。

寝ているモンスターを起こす時の注意

睡眠中のモンスターに対して攻撃を行うと倍率でダメージが増大します。

大剣の溜め斬りなど、一撃の大きい攻撃を使用する際は問題ないのですが、チャージアックスの属性解放斬り等、本命の攻撃前に攻撃モーションが存在する場合、その攻撃で起こしてしまうと本命の攻撃は通常時と同じダメージとなってしまいます。

また、睡眠中の敵を起こすため、肉質関係なく固定ダメージを与えることが出来る「大タル爆弾」もよく使われますが、これをガンナーの射撃や操虫棍の虫で起爆する場合、爆風よりも先に起爆用の弾が当たると、その攻撃でモンスターが起きてしまうため爆弾ダメージは増加しません。

爆弾起爆時のガンナーのテクニックとして、爆弾を起爆する時は弾がモンスターに当たらない場所から爆弾をかするように撃つ、というものがあります。テクニックといってもそれほど難しいものではありません。爆弾に当たるか当たらないかの弾道でもけっこう爆発してくれるので、弾をモンスターに当てないことを心掛けましょう。

危ない時は無理せず休憩!

敵の攻撃を食らって大きなダメージを受けてしまった時。回復薬を飲む前に・・・ちょっと待った!

キャンプは近くないですか?

基本的に、キャンプには休憩できるベッドがあります。(ないところもあります)キャンプで休憩すれば、体力満タン、オトモも復活&フル回復、状態異常まで治るという、まさに至れり尽くせり、最強の回復手段です。

回復薬はあくまでも緊急用に、もし戻れる余裕があるのなら、キャンプに戻って休憩しながら戦うのも狩猟のテクニックです。特に、モンスターが怒り状態になってどうにもならない時は、一旦キャンプでゆっくり休めばその間に怒りも収まって一石二鳥だったりもします。

ここでおすすめしたいのが「モドリ玉」。これがなかなか優秀なアイテムで、例えば、体力を削られて更にモンスターのターゲットが自分であり、回復薬を飲むヒマもないような時などの緊急時は、一か八かモドリ玉で緊急避難、ということが可能です。

減った体力もタダで回復できたり、サブターゲットを達成していれば支給品のサブターゲット報酬を補給して体制を整えることだってできます。

もちろん、制限時間が厳しい時やペイントボールが切れる恐れがある時、またオンライン時にはあまり行わない戦術です。

時と場合によりますのでケースバイケースではありますが、うまく活用していきましょう。

≪モンスターハンターの攻略記事やブログはこちら!≫

「モンスターハンタークロス モンハン初心者のための狩人入門」

【MHX/モンハンクロス】ソロっとひと狩りBLOG

コメント

  1. 匿名 より:

    竜撃砲はクロスでも多段ヒットみたいですよ

    • かんりにん より:

      匿名様☆彡
      ご指摘、ありがとうございます♪
      そっか。。多段だと起こすのには向いてないですねー( ;∀;)
      記事修正させていただきました!感謝です!